garudajkt’s diary

ジャカルタでアンティークコイン収集

出会い

 ジャカルタで最初に購入したコインは、オランダのウィレム3世2.5グルデン

銀貨である。

f:id:garudajkt:20170411064823j:plain

f:id:garudajkt:20170411065113j:plain

  今から3年ほど前、たまたま通りかかった貨幣商から日本円にして約2500円で購入した。当時はオランダのコインに関する知識は全くなく、ただ1865年発行のコインだということだけで手に入れたのだ。

 1865年といえば、日本は慶応元年、幕末の激動の時代である。そのころに流通していたコインがジャカルタで手に入れられるという事実だけに感動(?)して購入したのだ。

 これが、直径38ミリ、重量25gの銀貨で、当時の流通銀貨としては高品位(94.5%)の銀貨であることは後で知ることとなる。