garudajkt’s diary

ジャカルタでアンティークコイン収集

ウィレム2世 1グルデン銀貨

 ウィレム2世がオランダ王国の国王になったのは1840年10月7日。その約3か月前の6月28日には、大英帝国と清との間で「アヘン戦争」が始まっていた。 その後、「アヘン戦争」で大英帝国に負けた清の惨状を知ったウィレム2世は、1844年、江戸幕府に開国を勧告する。しかし、幕府はその勧告を拒否し、鎖国を続けたという経緯がある。

 このように日本との関係性があった国王だが、1849年3月17日、満56歳で死去。その地位を息子のウィレム3世に譲ることになる。  

 

f:id:garudajkt:20170523092317j:plain

f:id:garudajkt:20170523092316j:plain

 

 1847年発行のウィレム2世 1グルデン銀貨。それにしても首の長い王様である。顔よりも首の方につい視線が行ってしまうのは私だけ?