garudajkt’s diary

ジャカルタでアンティークコイン収集

サラワク王国のコイン

 サラワク王国は、ボルネオ島北部(現在のマレーシアサラワク州とブルネイ)に100年間存在した白人王国。英国人探検家ジェームス・ブルックが1841年に建国し、その子孫が三代に渡り統治した。

 

 1841~1868年 ジェームス・ブルック(初代)

 1868~1917年 チャールズ・ブルック(二代)

 1917~1946年 ヴァイナー・ブルック(三代)

 

 しかし、太平洋戦争が始まるとサラワク王国は日本軍に占領される。ヴァイナー・ブルックはオーストラリアに亡命し、サラワク王国は日本の軍政下に置かれることになる。日本の敗戦後、ヴァイナーは王位を辞退し、三代続いた王国は消滅した。

 

f:id:garudajkt:20170608160446j:plain

f:id:garudajkt:20170608160445j:plain

 

 この王国のコインは全部で17種類発行されているが、今回入手したのは、ヴァイナー・ブルックが描かれた10セント銅・ニッケル貨(1934年銘)。この王国のコインも気長に集めていきたい。