garudajkt’s diary

ジャカルタでアンティークコイン収集

催事に行ってきた

バンドンで開催された「World Stamp Exhibition」に行ってきた。

 

名前のとおり、メインは切手の展示だが、事前の情報どおり、コイン商も数店出店していた。

f:id:garudajkt:20170807102918j:plain

 

f:id:garudajkt:20170807102850j:plain

 

インドネシアの金貨・銀貨を始め、オランダ大型銀貨の名品「Silver Rider」など数多く販売されていた。ジャカルタではあまりお目にかかれないスラブ入りのコインも多数あった。

 

Java Auction」のブースでは、来月開催されるオークションの出品コインの下見もできた。また、入手したカタログには、気になるコインがいくつか出品されていたので、

9日のオークションにも参加してみるつもりだ。

 

購入したコインは4枚だが、それ以上にコイン商の親父からインドネシアのコイン市場について、いろいろ話を聞けたことが大きな収穫だった。ミニバスに乗って、往復8時間かけてきた甲斐があった。